共和医理器株式会社
会社案内 採用情報 リンク サイトポリシー お問い合わせ
事業内容

会社案内コンテンツ
代表者ご挨拶
会社概要
沿革
経営理念
組織図
事業所案内
事業内容
会社案内トップページへ

品質への取組み
 

事業内容
医療機器のトータルプロデューサーとして、地域のみなさんの健康な暮らしを支援します。

医療機器
【主な取扱商品】
 手術用機器分野  |   画像診断機器分野  |   内視鏡分野
 整形外科分野  |   消耗品

photo

いかに高精度な医療機器が登場したとしても、それが全ての病院にメリットをもたらすとは限りません。病院の個性は千差万別。ドクターをはじめとするスタッフの方々の声に耳を傾けることから、私たちの活動は始まります。
共和医理器は、優良メーカー数十社の特約代理店であり、販売を斡旋業者の介入なしにお届けできるというメリットを持っています。
だからこそ、単に医療機器の販売店として終わるのではなく、私たちが自信を持って送り出す最先端で最高の設備が、どの現場において一番フィットしてご利用いただけるかということも含めた、トータルプロデューサー的な役割を担っていきます。
お客様に喜んでいただける医療機器を提供するために、確実な実績、豊富な情報、素早いネットワークをフル活用して、健康ライフ総合クリエイターを目指しています。どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

SPDシステム
ドクターやスタッフの仕事は、医療の提供だけではありません。適切な診療を行える環境を維持するために、医療材料の管理など煩雑な業務にも追われているのが現状です。
共和医理器では、病院の規模・診療科目等の様々なニーズに適応したシステムを構築し、専任のスタッフが的確なデリバリーときめ細やかな対応を行います。
在庫の適正化・医療業務の効率化・・・そのメリットは計り知れません。信頼される「良い病院」づくりを私たちはサポートします。
技術サービス
医療ニーズの高度化・多様化に対応し、常に良質な技術サービスを効率的に提供できるよう私たちは努めています。医療機器の充実向上のための機械器具のアフターフォローはもちろん、常時受付のサービス窓口を設置し、緊急時のトラブルにもフレキシブルな体制で取り組んでいます。安心できるメディカルパートナーとして、どうぞ有効にご活用ください。

アスクル事業
共和医理器株式会社は、アスクル株式会社(本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、http://www.askul.co.jp/、以下アスクル)とエージェント契約(販売代理店契約)を締結し、広島県、岡山県、愛媛県の三県の医療機関や福祉施設への医療用消耗品のカタログ販売サービスを展開しております。
共和医理器は、アスクルエージェントとして、アスクルが発行する医療・介護関連施設向け医療用消耗品カタログをもとに営業開拓、代金回収を担当し、アスクルが受発注の窓口となり商品を配送します。アスクルのメディカル&ケアサービス(医療消耗品のカタログ販売サービス)は、アスクルがオフィス用品のデリバリーサービスで培ってきたIT・物流インフラを最大限かつ効率的に活用することで、1)一物一価のオープンな価格(比較しやすい品揃え)、2)確実な納期(18時までの発注で翌日納品)、3)発注の一本化(医療材料からオフィス用品までのワンストップショッピング)により、従来の医療材料サプライサービスにはなかった新しい価値のご提供を通じて、医療機関の物品購入の合理化を支援します。

お問い合わせは弊社アスクル事業部へ。(0120−762−861)


【ビジネスモデル】
ビジネスモデル

このページの先頭へ


Copyright